プライバシー
ボリシーPrivacypolicy.html
特定商取引法に基づく表記tokutei_shotorihiki.html
メールでの
お問い合わせhttp://form1.fc2.com/form/?id=800517
 

パルックボールプレミア G25形

(丸形100ワットタイプ)ナチュラル色

電球色、ナチュラル色(昼白色)、クール色(昼光色)と3種類ありますが、ナチュラル色を選んで下さい。詳しくは「光源について」の解説を参照して下さい。写真は少し前の商品(スパイラル)で現在はプレミアに移行されています。市価1.300円前後

パルックボールスパイラル レフ形 R25形 (100ワットタイプ) ナチュラル色 

写真にメリハリをつけるために使用します。こちらもナチュラル色を選んで下さい。在庫していない販売店が多いようですので、取り寄せになるかと思います。品番はEFR25EN/22-SPF(ナチュラル色)です。 市価1.500円前後

クリップ式ソケット E26タイプ

(一般的な電球用ソケットです)

いろいろな呼び名がありますが工事などで使われているものです。普通は金属素材のままの仕上げですが、私のは撮影機材っぽくつや消しの黒で塗装してみました(東京メタル工業 CH-1)。塗装しなくても問題ありません。参考価格1.212円

テーブルタップ

一般的なもので充分です。各ソケットごとにスイッチがあると、照明効果の確認に便利です。

パイプハンガー(ハンガーラック衣料用)

ライトや背景紙を取り付けるのに便利です。写真は80cm幅のタイプですが、撮影台に使うテーブルが大きい場合、130cm幅の商品も販売されているようです。(例 アイリスオーヤマ メタルパイプハンガー 1段 PI-1800M)また、マイクスタンドをお持ちの方は代用しても良いでしょう。 市価1.000円前後

スチロールパネルとアルミホイル

反射板として使用します。スチロールパネルはA4からB4程度のものを4枚ご用意ください(5mmから7mm厚程度)。

2枚を屏風のようにガムテープ等でつなぎ合わせ、内側の2面にアルミホイルを貼ります。のり付きのパネルだと便利です(ハレパネ、のりパネなどの商品名で販売されています。またパネルの代用で段ボールなどを利用しても良いでしょう。アルミホイルは両面テープなどで貼って下さい。アルミホイルは多少シワシワになる方が良いです。

背景用の紙

今回はホームセンターや文具店などで手に入りやすい、約80cmX110cm位の厚手の模造紙(地域によっていろいろな呼び名があります)を使ってみました。イメージに合った色を選んで下さい。また布や壁紙などの素材も試してみる価値はあります。なお 照明の関係で見た目より少し明るく写りますので、その分を考慮に入れておいて下さい。1枚200円程度

洗濯バサミ

写真のような大型のタイプをご用意ください。背景紙やコードをとめたりします。

三脚

最近のカメラは手ブレ補正機能が充実していますが、三脚を使った方が安心ですし撮影も疲れません。ビデオ用三脚でも問題ありません。また小型の三脚で高さが低い場合、下の写真のようにテーブルなどの上に置いてください。(撮影台の高さにもよりますが床から150cm以上の高さが必要です)3.000円程度より

今回使用した撮影台

適当なテーブルが無い方のために自作の折りたたみの撮影台をご紹介します。

材料はツーバイフォー(2インチX4インチなので)と呼ばれる木材と12mmのベニヤ板、それと写真のような脚の付け根に使用する金具(ツーバイフォー用)です。

いずれもホームセンターで手に入ります。ベニヤ板は今回ハンガーラックに合わせて80cm幅にホームセンターでカットしてもらいました。

脚部のツーバイフォー材も60cmにカットされたものが販売されていました。 全部合わせて3.000程度だと思います。

用意する機材

今回の撮影に使用した機材です。どれもホームセンターなどで扱っているものばかりです。(一部取り寄せになるかもしれません)身近に代用できそうなものがあれば最大限利用してください。

光源について

今回は電球型蛍光灯パルックボールをご紹介いたしましたが、パルック以外の電球型蛍光灯でも「三波長タイプ」でしたら同じ結果が得られます。例えば東芝ライテックのネオボールZ(G形)と同レフランプ形などがあります。昼光色を選んで下さい(電球色はNG)。三波長タイプでない蛍光灯は色の再現が良くないので撮影には向きません。この色の再現性のことを「演色性」といいます。

演色性とは

演色性が最も良いのが太陽光です。その太陽光に最も近いのがストロボです。ですからプロはストロボを使います。

しかしストロボで料理を撮るには高価な機材とそれなりの撮影テクニックが必要になります。

私はストロボより少し劣りますが、安価で扱いやすいパルックボールをおすすめしています。


LEDライトについて

現在LEDが注目を集めています。では今なぜLEDではなく蛍光灯なのか・・・

私もLEDについてはずっと気にはなっていましたし、現に写真用のLEDライトも発売されるようになってきました。

しかし現時点において三波長タイプ蛍光灯よりきれいに撮れる一般的なLED電球はまだ無いようです。(私の個人的な意見です)

高演色性LEDというものも発売されているようですが、大変高価ですので私もまだテストしていません。

近い将来満足のいく商品が一般的に発売される可能性は充分ありますので、その際は当サイトでもご紹介したいと思っています。

メニュー写真を身近な機材で簡単に撮影! そしてメニューブックを作るためのお手伝いサイトです

ホームhome.html
用意する機材
料理撮影の解説satuei_kaisetu.html
メニューの編集henshu.html
格安メニューブック  広告insatu_seihon.html

応用編(準備中)

Q & A(準備中)